人物デッサンの仕方

デッサン

 

デッサンのモチーフにしばしば人物が描かれます。

 

人物は静物のデッサンより難しいと言われています。

 

 

なぜなら、成人ならば少なくとも身長が1.5mあります。

 

もしあなたが静物画で花を描いたことがあるとしても、

 

1.5mもの花を描いたことはまずないでしょう。

 

人物となるとそれだけでモチーフが大きくなったことになり、

 

それだけでも難しくなったことがわかります。

 

 

面でとらえるむずかしさ

 

それに私たち人間は有機物であって、

 

建築物のような決まった規格によって人工的に作られる無機物とは違います。

 

よくデッサンでは「対象物を面でとらえる」と言いますが、

 

この有機物である人間を面でとらえる作業こそ困難といえます。

 

 

なぜなら人物はまったくといっていいほど直線部分はありません。

 

だからといって実際に人物に面が見えるわけではありません。

 

それを面でとらえるとなると、よほどの訓練が必要になるのです。

 

 

デッサン

連続した面を明るい部分から暗い部分へと

 

濃さを増してゆけば、

 

自然に暗い部分が影として表現され、

 

自然に奥行きを持った空間表現ができます。

 

つまり、人物を面でとらえて描くということは

 

人物の量感も表現できるということなのです。

 

 

しかし、人間は石膏像と違い、全身真っ白というわけにはいきません。

 

肌の色ひとつとっても1人1人違います。

 

それどころか、1人の人間でも場所によって皮膚の色が違っている場合もあります。

 

 

服を着ている場合は服の色も淡い色だったり、濃い色だったりで影が見づらい場合があります。

 

このように色があるとそれに惑わされて明暗が分かりづらくなるのです。

 

この明暗を正確にとらえられるまで何度も訓練が必要となります。

 

 

クロッキーの訓練

 

その他に人物と静物の違いは「動き」にあります。

 

静物は誰かが手を加えなければ動くことはありませんが、人間は自ら動きます。

 

生物の持つ自然な動きが人物デッサンにも表現されていなければなりません。

 

 

その訓練となるのが「クロッキー」です。

 

クロッキーは数分間で人物モデルの一瞬の動きを正確に描くための訓練です。

 

何度も繰り返し行うことで短時間で正確に人物の動きがとらえられるようになります。

 

 

このように、人物の持つ動きを正確にとらえ、明暗が正確に見極められるようになれば、

 

重量感のある今にも動き出しそうな人物デッサンができるようになるでしょう。

 


あなたの画力をあげる! 人気マニュアルランキング

◆ビジネスデッサン&スケッチ術◆
◆ビジネスデッサン&スケッチ術◆ テレビ朝日『中居正広の怪しい噂の集まる図書館』、
読売新聞、朝日新聞など、数多くのメディアで紹介!
1日10分トレーニングでプロ並のデッサン力を
手に入れる秘密のプログラム。

サポート期間に応じて3種類に分かれていますが、30日版はサポートが弱く、365日版は期間が長いだけなので、一番お得な180日版がダントツの人気です。各プランの違いはコチラ
絵が確実に上手くなる方法
絵が確実に上手くなる方法 たった7日間で初心者とは思えない絵を描く!
武蔵野美術大学で学んだデッサンの秘訣を大公開。
絵を勉強したことがないなど初心者向けの
上達プログラムで驚きの返金保障付き。


わずか3ステップでそっくりに描ける デジアナ似顔絵上達法
わずか3ステップでそっくりに描ける デジアナ似顔絵上達法 似顔絵師の筒井克佳氏が教える
似顔絵専門の上達トレーニングプログラム。
簡単3ステップでまったくの素人でも、
本人そっくりな絵が描けるわけとは?
返金保障付き。