石膏デッサンのやり方

デッサン

 

石膏デッサンでは石膏像のほかに石膏でできた円柱や立方体などがあります。

 

すべてのデッサンにおいて「面」でとらえることが重要ですので、

 

石膏デッサンを始めるにあたって、

 

まずはこの円柱、立方体から描き始めると良いでしょう。

 

 

石膏像には、古代ギリシャ彫刻の名作やルネサンス時代の巨匠、

 

例えばミケランジェロなどが残した大理石彫刻の名作の模したものなどがあり、

 

大きさも様々で大きいものでは2m以上のものもあります。

 

 

石膏デッサンに使用されている、マルス、アリアス、

 

ブルータス、アグリッパ等の上半身だけの石膏像は、

 

人体の比率について緻密に計算して作られているため、

 

デッサンの練習には最適といわれています。

 

 

石膏デッサンに向いている画材は?

 

デッサン

画材には一般的に木炭や鉛筆を使います。

 

どちらも最初は面をとらえるところから始まります。

 

 

石膏像は真っ白なので明暗がとらえやすく、

 

デッサンの基本的な表現力(立体感、明暗など)を

 

身につける訓練に、最も適したモチーフと言えるでしょう。

 

 

石膏デッサンの描き方

 

まずは細部にこだわらず、立方体を組み合わせるような感じで描きはじめ、

 

全体像が見えてきたら細部に取り掛かります。

 

 

最初に面で大体の明暗を把握しておくことが重要で、

 

細部に取り掛かっても常に全体像を意識しながら、

 

まとまりのあるデッサンに仕上げるように気をつけます。

 

 

モチーフには必ず一番明るい部分(ハイライト)があります。

 

石膏像を良く見て一番明るい部分を、

 

練りゴムなどで消して(この作業を「白を抜く」と表現します)、

 

ハイライトを描くといっそう引き締まったものになります。

 

 

石膏像はデッサンにおける重要な要素

 

(明暗・量感の表現力、正確に比率をとらえる能力)を、

 

鍛えるのに最適なモチーフといえます。

 

従ってデッサンをする上で疎かにすることは出来ないモチーフと言えるでしょう。

 


あなたの画力をあげる! 人気マニュアルランキング

◆ビジネスデッサン&スケッチ術◆
◆ビジネスデッサン&スケッチ術◆ テレビ朝日『中居正広の怪しい噂の集まる図書館』、
読売新聞、朝日新聞など、数多くのメディアで紹介!
1日10分トレーニングでプロ並のデッサン力を
手に入れる秘密のプログラム。

サポート期間に応じて3種類に分かれていますが、30日版はサポートが弱く、365日版は期間が長いだけなので、一番お得な180日版がダントツの人気です。各プランの違いはコチラ
絵が確実に上手くなる方法
絵が確実に上手くなる方法 たった7日間で初心者とは思えない絵を描く!
武蔵野美術大学で学んだデッサンの秘訣を大公開。
絵を勉強したことがないなど初心者向けの
上達プログラムで驚きの返金保障付き。


わずか3ステップでそっくりに描ける デジアナ似顔絵上達法
わずか3ステップでそっくりに描ける デジアナ似顔絵上達法 似顔絵師の筒井克佳氏が教える
似顔絵専門の上達トレーニングプログラム。
簡単3ステップでまったくの素人でも、
本人そっくりな絵が描けるわけとは?
返金保障付き。