静物デッサンのコツ

デッサン

 

デッサンの対象物(モチーフ)は大きく分けて、

 

人物・静物・石膏像などがありますが、

 

デッサンの基礎によく静物がモチーフとして選ばれています。

 

 

静物とは静止した自然物(花、頭蓋骨、狩りの獲物、貝殻、野菜、果物、台所の魚など)や

 

人工物 (ガラス盃、陶磁器、パン、料理、楽器、パイプ、本など)を指して言います。

 

 

静物デッサンはデッサン初心者向き

 

これらはモチーフとしては、それほど大きくないので描きやすいことと、

 

静止しているということは常に同じ状態で形態を保っていられるということなので、

 

じっくりと制作に取り掛かれるという利点があります。

 

 

また、人物を描くことはデッサン力を磨く上で避けては通れない道なのですが、

 

人物に取り掛かる前にさまざまな静物をデッサンしておくことは、

 

人体の構造や、体の形の中にある微妙な形、ほのかな起伏や質感それに伴う明暗や色など、

 

さまざまな描写力や理解力を向上させる上でも欠かすことの出来ない練習の一つといえます。

 

 

先ほど述べたようなモチーフは好んで画家たちが描いてきたほんの一例に過ぎません。

 

他にもさまざまなものがモチーフとして考えられます。

 

 

描く訓練を重ねれば重ねるほどその材質、形態などの特性が理解できるようになります。

 

デッサンは9割は観察、1割で描くと言われています。

 

静物デッサンは見る目を養ういい訓練になります。

 

できるだけたくさんのモチーフを描いてみるといいでしょう。

 


あなたの画力をあげる! 人気マニュアルランキング

◆ビジネスデッサン&スケッチ術◆
◆ビジネスデッサン&スケッチ術◆ テレビ朝日『中居正広の怪しい噂の集まる図書館』、
読売新聞、朝日新聞など、数多くのメディアで紹介!
1日10分トレーニングでプロ並のデッサン力を
手に入れる秘密のプログラム。

サポート期間に応じて3種類に分かれていますが、30日版はサポートが弱く、365日版は期間が長いだけなので、一番お得な180日版がダントツの人気です。各プランの違いはコチラ
絵が確実に上手くなる方法
絵が確実に上手くなる方法 たった7日間で初心者とは思えない絵を描く!
武蔵野美術大学で学んだデッサンの秘訣を大公開。
絵を勉強したことがないなど初心者向けの
上達プログラムで驚きの返金保障付き。


わずか3ステップでそっくりに描ける デジアナ似顔絵上達法
わずか3ステップでそっくりに描ける デジアナ似顔絵上達法 似顔絵師の筒井克佳氏が教える
似顔絵専門の上達トレーニングプログラム。
簡単3ステップでまったくの素人でも、
本人そっくりな絵が描けるわけとは?
返金保障付き。