デッサンの練習方法

デッサン

 

ここでは、デッサンの練習方法について紹介します。

 

描く角度を決める

 

デッサンを描き始めるときは、まずモチーフを決めてどの角度から描くかを決めます。

 

場所によっては順光(正面から光が当たっていること)だったり逆光だったりするでしょう。

 

それを考慮して自分が描きたいと思う角度を決めます。

 

 

配置、構図を考える

 

場所が決まったら今度はモチーフを画面にどう配置するかを考えます。

 

人物デッサンなら画面から人物がはみ出さないように、

 

画面の中心に人物がくるようにと構図を決めていきます。

 

 

大まかに描く

 

次にモチーフの大体の形を描きます。最初から細かく描く必要はありません。

 

大まかな塊でいいのです。

 

人物ならば頭は球体、首は円柱、上半身は縦長の立方体、

 

腰はすべての面が正方形に近い立方体、足や腕は円柱の組み合わせ程度でかまいません。

 

 

ここで大事なのは画面に対してモチーフの配置が適切なのかどうかです。

 

この段階なら構図を変更したいときもそう大変ではありません。

 

 

モチーフの明暗を描き分ける

デッサン

 

ここからモチーフの描写に入ります。

 

といっても、最初は明暗を描き分ける程度です。

 

 

最初から細部にこだわりすぎると

 

出来上がりに統一感がなくなってしまうので、

 

全体をまんべんなく描き進めることがポイントです。

 

 

細部を描く

 

明暗が大体描けたらいよいよ細部に入っていきます。

 

モチーフには一番明るい部分(ハイライト)と暗い部分があります。

 

それを意識して描くと作品が引き締まったものになります。

 

 

最初はうまく描けなくてもOK

 

どの段階でも言えることですが、

 

デッサンはモチーフを観察することに始まって観察することに終わります。

 

今回がうまくできなかったとしても失敗ではありません。

 

 

それは、まだ観察する目が十分に養われていなかったからです。

 

また次のデッサンに必ず生きてくる経験です。

 

失敗を恐れず何枚も描いてみることがデッサン力を身につける近道です。

 

 

練習がものをいいますので、がんばりましょう。

 


あなたの画力をあげる! 人気マニュアルランキング

◆ビジネスデッサン&スケッチ術◆
◆ビジネスデッサン&スケッチ術◆ テレビ朝日『中居正広の怪しい噂の集まる図書館』、
読売新聞、朝日新聞など、数多くのメディアで紹介!
1日10分トレーニングでプロ並のデッサン力を
手に入れる秘密のプログラム。

サポート期間に応じて3種類に分かれていますが、30日版はサポートが弱く、365日版は期間が長いだけなので、一番お得な180日版がダントツの人気です。各プランの違いはコチラ
絵が確実に上手くなる方法
絵が確実に上手くなる方法 たった7日間で初心者とは思えない絵を描く!
武蔵野美術大学で学んだデッサンの秘訣を大公開。
絵を勉強したことがないなど初心者向けの
上達プログラムで驚きの返金保障付き。


わずか3ステップでそっくりに描ける デジアナ似顔絵上達法
わずか3ステップでそっくりに描ける デジアナ似顔絵上達法 似顔絵師の筒井克佳氏が教える
似顔絵専門の上達トレーニングプログラム。
簡単3ステップでまったくの素人でも、
本人そっくりな絵が描けるわけとは?
返金保障付き。