木炭デッサン

デッサン

 

デッサンの画材で最もポピュラーなのは「木炭」です。

 

木炭の材料になる木材は、絵を描くのに適した細く長い木の枝が選ばれます。

 

それを燃焼して炭化させたものを20cmほどの長さにして売られています。

 

 

太さは太いものでも直径1cm強です。

 

木炭に選ばれる木はヤナギ、ミズキ、クワなどがあります。

 

 

木材の種類によって堅さ、太さ、濃さの差があり、

 

描き味にも差が出るため用途に応じて数種類の木炭を使用しますが、

 

適度な太さ、描きやすさから木炭デッサンではヤナギが多く使われています。

 

 

木炭紙の特徴

 

木炭デッサンは木炭紙という紙に描きます。

 

これは木炭デッサン専用に作られた紙で、木炭の粉末が定着しやすいように、

 

肉眼でも良く分かるほどの凸凹が表面にあります。

 

これをカルトンという画板にクリップなどでとめて、イーゼルに立てかけて描きます。

 

 

木炭には木材の芯がそのまま残っているものがあります。

 

使用する前にこの芯を針金の先にブラシが着いたもので取り除いておく必要があります。

 

それを芯抜きといいます。

 

 

鉛筆とは違った書き方、書き心地

 

木炭デッサンは線よりは面を意識して描く場合に適した画材です。

 

こういうと難しく聞こえるかもしれませんが、木炭の形態や材質を思い出してみてください。

 

木炭は鉛筆のように鋭い線は描けません。

 

 

しかし、木炭を寝かせて紙との接地面積を多くすれば面を塗りつぶすのは容易なのです。

 

木炭デッサンでは炭で描くことをたびたび炭を「のせる」と表現しますが、

 

木炭ではこの特性を生かして、炭を濃くのせたり薄くのせたりすることによって、

 

明るい部分と暗い部分を表現します。

 

 

このように、木炭デッサンは対象物(モチーフ)の明暗を表現する力を訓練するのに、

 

最適な方法なのです。

 

木炭デッサンのモチーフに白い石膏像が選ばれるのは明暗が分かりやすいからです。

 

 

木炭デッサンのポイント

デッサン

 

しかし木炭は紙に定着しにくいため、

 

木炭を定着させるために手で押さえたり、

 

布で押さえたりして描き進めます。

 

 

木炭を取り除きたい場合は油分の少ない食パンを使います。

 

あまり食パンを使いすぎると画面が油分で茶色くなってしまうので乱用は避けます。

 

その他練りゴムを使うこともありますが紙が傷むので基本的にはあまり使用しません。

 

 

描き終えたら、最後に木炭が落ちないように、

 

フィキサチフ(スプレー状の定着液)を画面に振って木炭を定着させます。

 


あなたの画力をあげる! 人気マニュアルランキング

◆ビジネスデッサン&スケッチ術◆
◆ビジネスデッサン&スケッチ術◆ テレビ朝日『中居正広の怪しい噂の集まる図書館』、
読売新聞、朝日新聞など、数多くのメディアで紹介!
1日10分トレーニングでプロ並のデッサン力を
手に入れる秘密のプログラム。

サポート期間に応じて3種類に分かれていますが、30日版はサポートが弱く、365日版は期間が長いだけなので、一番お得な180日版がダントツの人気です。各プランの違いはコチラ
絵が確実に上手くなる方法
絵が確実に上手くなる方法 たった7日間で初心者とは思えない絵を描く!
武蔵野美術大学で学んだデッサンの秘訣を大公開。
絵を勉強したことがないなど初心者向けの
上達プログラムで驚きの返金保障付き。


わずか3ステップでそっくりに描ける デジアナ似顔絵上達法
わずか3ステップでそっくりに描ける デジアナ似顔絵上達法 似顔絵師の筒井克佳氏が教える
似顔絵専門の上達トレーニングプログラム。
簡単3ステップでまったくの素人でも、
本人そっくりな絵が描けるわけとは?
返金保障付き。


木炭デッサン関連ページ

画材の種類
鉛筆デッサン
ペンデッサン