ペンデッサン

デッサン

 

ペンは本来インク・墨などをつけて字・絵などをかくための先が尖った筆記具でした。

 

 

時代が進むにつれ、インクを毎回つける手間を省くため「万年筆」が考案され、

 

その後インクや顔料の補充もなく使い捨て、

 

または長寿命のインクカートリッジを、

 

取り替えて使用する「ボールペン」「フェルトペン」などが考えられ、

 

現在の主要な筆記用具として使われています。

 

 

デッサン

デッサンにおいても、かつては

 

インクをつけるペンを使って描かれていました。

 

このようなペンを「つけペン」と言い、

 

代表的なものに羽根ペン・Gペンなどがあります。

 

 

現在では様々な種類のペンがありますが、

 

デッサンに使う上で特に決められたものはありません。

 

フェルトペンの先端が細いもの(通称「サインペン」と呼ばれています)なども使われます。

 

また、今でも好んでつけペンを使って描かれることもあります。

 

 

ペンの特徴を知ろう

 

ペンの特徴はインクが乾くと落ちないことにあります。

 

鉛筆、木炭は消しゴムなどで消すことができますが、

 

ペンで描かれたものは消すことができません。

 

 

また、鉛筆や木炭のように線を太くしたり細くしたりもできないので、

 

影など暗い部分を描くときは線を何重にも重ねて描きます。

 

そのため、ペンを使って描かれるデッサンは硬く、はっきりとした印象を受けます。

 

 

このようなペンの性質を生かして、

 

建築物などのデッサンにペンを使用したものを見かけることがあります。

 

特に決まりがあるわけではないので、

 

個人の好みでしばしば人物デッサンにペンが使われることもあります。

 

 

しかしながら、前述したとおりペンは一度描くと修正できないので、

 

デッサンを始めたばかりの人が使う画材としては不向きです。

 

 

しかし、逆にある程度やりこんでいる人には、

 

正確なデッサンを的確に描くいい練習方法になるかもしれません。

 

 

ペンはデッサンの画材としてはマイナーですが、

 

ペンの中にはその独特な描き味が魅力的なものもあります。

 

 

また、紙とペン1本で気軽に始められるという利点もあります。

 

ペンで描くことによって、

 

鉛筆や木炭とはまた一味違ったデッサンの魅力に出会えるかもしれません。

 


あなたの画力をあげる! 人気マニュアルランキング

◆ビジネスデッサン&スケッチ術◆
◆ビジネスデッサン&スケッチ術◆ テレビ朝日『中居正広の怪しい噂の集まる図書館』、
読売新聞、朝日新聞など、数多くのメディアで紹介!
1日10分トレーニングでプロ並のデッサン力を
手に入れる秘密のプログラム。

サポート期間に応じて3種類に分かれていますが、30日版はサポートが弱く、365日版は期間が長いだけなので、一番お得な180日版がダントツの人気です。各プランの違いはコチラ
絵が確実に上手くなる方法
絵が確実に上手くなる方法 たった7日間で初心者とは思えない絵を描く!
武蔵野美術大学で学んだデッサンの秘訣を大公開。
絵を勉強したことがないなど初心者向けの
上達プログラムで驚きの返金保障付き。


わずか3ステップでそっくりに描ける デジアナ似顔絵上達法
わずか3ステップでそっくりに描ける デジアナ似顔絵上達法 似顔絵師の筒井克佳氏が教える
似顔絵専門の上達トレーニングプログラム。
簡単3ステップでまったくの素人でも、
本人そっくりな絵が描けるわけとは?
返金保障付き。


ペンデッサン関連ページ

画材の種類
鉛筆デッサン
木炭デッサン