鉛筆デッサン

デッサン

 

デッサンの画材には鉛筆があります。

 

鉛筆デッサンでは、鉛筆の芯を細くしたり太くしたりすることで、

 

線の太さを調整することが出来るので、対象物の細かい部分まで描くことが出来ます。

 

 

アルファベットの意味

 

鉛筆には「HB」「2B」など、アルファベットと数字を組み合わせた記号が書かれており、

 

それぞれ書き心地が違うことは経験上なんとなくご存知かと思います。

 

 

これは芯の硬さを表すものであり、「H」はHard、「B」はBlackの頭文字です。

 

「○H」の○部分は数字が入り、数字が大きくなるほど芯が硬く、

 

書き味は鋭いものになります。

 

逆に「○B」では数字が大きくなればなるほど芯がやわらかく、濃く太い線が書けます。

 

 

時々「F」と表記された鉛筆もありますが、

 

これはHBとHの間を表す記号として用いられます。

 

ちなみに「F」はFirm(しっかりした)という意味があります。

 

 

硬度には9H〜2H・H・F・HB・B・2B〜8Bなどがありますが、

 

デッサン用としてよく使用されるのは2Hから6Bあたりです。

 

 

ナイフを使おう

 

また、鉛筆を削るときも鉛筆削り器を使うのではなく、ナイフで削るほうが適しています。

 

その理由は鉛筆削り器では芯が決まった長さにしか削り出されないので、

 

デッサンのような長時間の作業では頻繁に削る必要があり不向きだからです。

 

ナイフで削れば自分の好みの長さに芯を調整できて便利です。

 

 

また、文字を書くときとは違い芯をとがらせる必要もないので、

 

そういった面でもナイフのほうが便利といえます。

 

 

また鉛筆デッサンで使用する紙は、表面がつるつるしたものより、

 

凸凹したものの方が向いています。

 

一般的には画用紙がよく使われています。

 


あなたの画力をあげる! 人気マニュアルランキング

◆ビジネスデッサン&スケッチ術◆
◆ビジネスデッサン&スケッチ術◆ テレビ朝日『中居正広の怪しい噂の集まる図書館』、
読売新聞、朝日新聞など、数多くのメディアで紹介!
1日10分トレーニングでプロ並のデッサン力を
手に入れる秘密のプログラム。

サポート期間に応じて3種類に分かれていますが、30日版はサポートが弱く、365日版は期間が長いだけなので、一番お得な180日版がダントツの人気です。各プランの違いはコチラ
絵が確実に上手くなる方法
絵が確実に上手くなる方法 たった7日間で初心者とは思えない絵を描く!
武蔵野美術大学で学んだデッサンの秘訣を大公開。
絵を勉強したことがないなど初心者向けの
上達プログラムで驚きの返金保障付き。


わずか3ステップでそっくりに描ける デジアナ似顔絵上達法
わずか3ステップでそっくりに描ける デジアナ似顔絵上達法 似顔絵師の筒井克佳氏が教える
似顔絵専門の上達トレーニングプログラム。
簡単3ステップでまったくの素人でも、
本人そっくりな絵が描けるわけとは?
返金保障付き。


鉛筆デッサン関連ページ

画材の種類
木炭デッサン
ペンデッサン